オートアールズ タイヤ安心補償 約款

第1条(目的)
株式会社オートールズ(以下「乙」といいます。)は、乙で新品のタイヤ4本セットを購入し、タイヤパンク補償に加入された お客様(以下「甲」といいます。)に対して、本補償約款に基づき補償(以下「本補償」といいます。)を提供します。

第2条(本補償の対象となるタイヤ)
本補償の対象となるタイヤ(以下「対象タイヤ」といいます。)は、甲が乙より購入いただいた際に本補償に加入し、乙が本補償の 対象となる自動車(以下「対象自動車」といいます。)に取付作業を行った、または、甲が対象自動車に取り付けするために持ち帰 りした自動車用新品タイヤ4本セットとします。対象タイヤを取付する車両の特定(車名、登録番号等)ができない場合や、乙の 店舗以外からご購入いただいたタイヤは本補償の対象とはなりません。

第3条(本補償の内容)
1.第7条に定める本補償の補償期間内に、日本国内において故意、重大な過失または第三者による人為的な行為によらない偶然な 単独事故により、対象タイヤにパンク、バーストまたはピンチカットによる損害(以下「損害」といいます。)が生じた場合、乙は甲に対し新品タイヤをご提供します。
2.本補償は、補償限度額の範囲内で新品タイヤ(4本以内)および取付工賃(以下、これらを併せて「販売価格」といいます。)を 補償するものであり、甲に対して金銭の交付は行いません。
また、補償開始日から開始日当日を含めて180日以内にパンクが発生した場合は、交換・取付するタイヤは2本を上限とします。
3.本補償に定める販売価格、補償限度額はいずれも税込となります。
4.本補償で提供する新品タイヤは、損害が発生した対象タイヤと同品とします。但し、同品がすでに製造終了している等、乙からの提供が困難な場合には同水準以下の新品タイヤをご提供します。
5.本補償の提供時、乙は甲より自己負担額として1,000円(税込)を申し受けます。
6.損害に伴って発生した各種費用(ゴムバルブ、窒素ガス、ハブ防錆、廃タイヤ処分費用、アルミホイール代金、ナット代金、 レッカー費用等)については、タイヤ取付工賃を除き、甲の負担となります。
7.ご提供するタイヤの販売価格と取付工賃の合計額が、第4条に定める本補償の補償限度額を超過した場合、差額は甲の負担となります。

第4条(他制度との重複)
甲が本補償の対象となる損害に対し、車両保険や第三者からの賠償、その他の本補償以外のサービス等から補償される損害に対し ては、本補償を提供しません。

第5条(本補償の補償限度額)
本補償の限度額は、以下の通りとします。但し、補償開始日から補償日当日を含めて180日以内にパンクが発生した場合、補償限度額は以下で定める販売価格帯ごとの補償限度額の50%を上限金額とします。
また、第3条7項の通り、ご提供するタイヤの販売価格が、本条に定める本補償の補償限度額を超過した場合、差額は甲の負担と なります。



第6条(本補償の提供方法)
1.甲は第2条1項に定める損害が発生した場合、損害発生日から30日以内に対象自動車と損害が発生した対象タイヤを乙店舗へお持込いただき、本書および乙が指定した書類等をご提示の上で本補償の提供をご依頼ください。
2.乙は前項の申し出に対し、第3条および第6条に反しないことを確認のうえ、本補償を提供します。
3.甲は損害が発生したタイヤの交換前に、本補償の利用について乙に申し出るものとし、申し出前にタイヤを交換した場合、本補償の提供を受けることはできません。
4.交換に際し、損害が発生したタイヤを含む交換前のすべての対象タイヤの所有権は、本補償の提供と引き換えに乙へ移転するものとし、対象タイヤを甲に返却する義務を一切負わず、乙はこれを廃棄します。但し廃棄にかかる費用は甲が負担するものとします。
5.本補償の提供を行った時点で本補償は終了し、交換したタイヤに対して新たに本補償に加入することはできません。

第7条(本補償の対象期間)
本補償の対象期間は、以下の通り、対象タイヤを購入された日から以下(A)または(B)に到達した日のいずれか早い日まで (以下「補償期間」といいます。)とします。
【対象期間】
(A)購入日からの月数が24か月
(B)残溝基準が残溝3㎜以下となった日(スタッドレスタイヤは5㎜)

第8条(本補償の提供回数)
本補償の提供回数は、補償期間中1回に限るものとします。

第9条(本補償を提供しない場合)
1.次の各号のいずれかに該当する場合、補償期間中であっても本補償の提供を行わないものとします。
 (1)乙に申し出なく、新品タイヤへ交換された場合
 (2) 本書および対象製品が記載されたお買い上げレシートのご提示がない場合
 (3)損害発生日から30日を超えてから、対象自動車と損害が発生した対象タイヤを乙店舗へお持込いただいた場合
 (4)甲が本補償の対象となる損害に対して、車両保険やその他の保険、および本補償以外のサービス等(対象タイヤのメーカー保証が適用される、等)から補償される場合
 (5)甲が対象タイヤを装着した自動車の使用者ではなくなった場合
 (6)対象自動車が全損・廃車となった場合
 (7)対象自動車が日本国外に持ち出された場合
 (8)甲以外の者から補償利用の請求があった場合
 (9)本補償の請求に際して、乙が求める必要な情報や書類を乙に提供いただけない場合
2.前項1.(5)に関しては相続および2親等内の親族間の譲渡による名義変更の場合を除きます。該当する事由が発生した場合は、本補償への申し込みをされた店舗へ変更の通知が必要となります。
3.次の事由によって生じた事故については、本補償の提供を行わないものとします。
 (1)甲または対象車両を運転した者の故意、重大な過失または法令違反
 (2)地震もしくは噴火またはこれらによる津波・火災
 (3)戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動
 (4)核燃料物質もしくは核燃料物質によって汚染された物
 (5)窃盗・器物破損・放火・失火・その他の犯罪行為
 (6)不適切な保管、限度を超える過酷な使用(レース・ラリー等の過酷な走行等)、またはドリフト走行等の違法行為
 (7)運転資格を持たない、または酒や麻薬等の影響で正常な運転ができないおそれのある状態で運転している間に生じた事故
 (8)通常の使用損耗あるいは経年変化により発生したもの
4.次の各号のいずれかに該当する損傷は、本補償の対象外とします。
 (1)タイヤ以外の故障(自動車本体等に生じた損傷をいいます。)
 (2)破損・汚損等パンクを伴わずタイヤ(ホイール、チューブを含みます。)に生じた損傷
 (3)対象タイヤの損害に起因して生じた身体障害
 (4)車両に法令等で禁止されているにも関わらず定着または装着されているものに生じた損傷および当該ものに起因して生じた損傷
 (5)タイヤビート部、エアーバルブからのエアー漏れによる内圧低下であって外傷がないもの
 (6)空気圧不足に起因するタイヤバースト(釘ふみ等によるものを除く)
 (7)全装着タイヤの一部でも第7条記載の残溝基準を満たさない場合の損傷
5.乙は、甲が次のいずれかに該当する場合には、本補償の提供を行わないものとします。
 (1)反社会的勢力(注)に該当すると認められるとき。
 (2)反社会的勢力(注)に対して資金を提供し、または便宜を供与する等の関与をしていると認められること。
 (3)反社会的勢力(注)を不当に利用していると認められること。
 (4)法人である場合において、反社会的勢力(注)がその法人の経営を支配し、またはその法人の経営に実質的に関与している と認められること。
 (5)その他反社会的勢力(注)と社会的に非難されるべき関係を有していると認められること。
 (注)暴力団、暴力団員(暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者を含みます。)、暴力団準構成員、暴力団関係企業その他の反社会的勢力をいいます。
6.前各項各号いずれかの事由に該当する場合において、甲が虚偽の申告またはその他不正な手段によって本補償の提供を受けた時は、乙は甲に対して、乙に生じた損害の賠償を請求いたします。

第10条(適用地域)
本補償は、日本国内において発生した損害に対してのみ提供します。

第11条(加入者証記載情報の変更、解約)
1.加入者証記載の以下情報が変更となった場合、本補償へ加入申し込み手続きを実施した店舗へ加入者証を持参いただき、情報の修正をご依頼ください。情報の修正がない場合、本補償を提供することができなくなります。
 ①氏名(お車の使用者)(相続および2親等間の譲渡等による場合に限定)
 ②車名
 ③登録番号
2.本補償は、原則として解約はできませんが、本補償の申込日から8日以内であればお申込みの撤回または解除を行うことができます。

第12条(その他)
1.乙は本補償約款を改定する合理的な必要性があるときは、社会通念上相当とされる範囲でいつでも改定・変更ができるものとします。
改定・変更は乙のホームページにて公開し、以後の補償約款の提供内容、提供条件を含めすべて変更後の補償約款が適用 されるものとします。(変更日前にご購入されたタイヤについても変更後の規定が適用されます)
2.損害の認定について乙と甲で見解の相違が生じた場合は、乙を通じて第三者の意見を求めることがあります。

第13条(個人情報の利用目的)
個人情報は以下の目的のため利用いたします。
1.セール・イベント・アンケート等のご案内やDMの送付。
2.商品購買履歴の照会およびアフターサービス。
3.会員のお買物動向調査、販売促進活動の効果検証、および会員の事前に同意を得た活動。

第14条(個人情報の取扱い)
個人情報は株式会社オートアールズの「特定個人情報取扱基本方針」に従い適切に管理し、第13条記載の目的以外では利用 いたしません。