STOP!スマホながら運転

令和元年12月1日から、運転中の「ながらスマホ」に対する罰則が厳しくなりました。
運転中にスマホ等を使用しなければならないときは、必ず安全な場所に停車してからにしましょう。

携帯電話やカーナビを使い「ながら」の運転は、道路交通法違反!

令和元年6月に改正道路交通法が公布され、同年12月1日から、運転中の「ながらスマホ」などに対する罰則が、以下のように強化されました。

■携帯電話を保持して通話したり画像注視したりした場合(保持)

・罰則は、新たに「6月以下の懲役」が設けられ、罰金は「5万円以下」から「10万円以下」に引上げ
・反則金が普通車ならこれまでの3倍に(6,000円→18,000円)
・違反点数がこれまでの3倍に引上げ(1点→3点)

■携帯電話の使用により事故を起こすなど交通の危険を生じさせた場合(交通の危険)

・罰則は、「3月以下の懲役又は5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役又は30万円以下の罰金」に引上げ
・非反則行為となり、刑事罰(懲役刑または罰金刑)の対象に
・違反点数が「6点」となり、免許停止処分の対象に

改正前 改正後
携帯電話の使用等(保持)
・通話(保持)
・画像注視(保持)
●罰則:5万円以下の罰金
●反則金:普通車の場合6,000円
●点数:1点
●罰則:6月以下の懲役又は10万円以下の罰金
●反則金:普通車の場合18,000円
●点数:3点
携帯電話の使用等(交通の危険)
・通話(保持)
・画像注視(保持)
・画像注視(非保持)
することによって交通の
危険を生じさせる行為
●罰則:3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
●反則金:普通車の場合9,000円
●点数:2点
●罰則:1年以下の懲役又は30万円以下の罰金
●反則:金適用なし非反則行為となり罰則が適用
●点数:6点
携帯電話の使用等(保持)
・通話(保持)
・画像注視(保持)
改正前
●罰則:5万円以下の罰金
●反則金:普通車の場合6,000円
●点数:1点
改正後
●罰則:6月以下の懲役又は10万円以下の罰金
●反則金:普通車の場合18,000円
●点数:3点
携帯電話の使用等(交通の危険)
・通話(保持)
・画像注視(保持)
・画像注視(非保持)
することによって交通の危険を生じさせる行為
改正前
●罰則:3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
●反則金:普通車の場合9,000円
●点数:2点
改正後
●罰則:1年以下の懲役又は30万円以下の罰金
●反則:金適用なし非反則行為となり罰則が適用
●点数:6点

※各都道府県の条例をご確認ください。